一般社団法人G1(東京都千代田区、代表理事・堀義人グロービス経営大学院学長)が2009年から開催している「G1サミット」の9回目となる17年は、ルスツリゾートを会場に3月18日から20日まで3日間開催される。G1サミットは日本版ダボス会議と呼ばれるもので企業経営者や政治家、官僚、学者、文化人など約200人が参加する。P1040161(写真は、ルスツリゾートのノース&サウスウイングのエントランス)

 G1サミットは、今後の日本、世界を担っていくリーダーたちが学び、交流する場を提供する会議で、3~4日の日程で開催している。政治、経済、文化、技術、環境など幅広い分野で意見交換し、インプットだけでなく参加者相互の学びやコミュニティ形成を重視している。G1は、GLOBE(地球)がひとつになるということや、GENERATION(世代)が一丸になるという思いから名づけられた。

 1回目は福島・磐梯で開催され、2回目はトマムが会場になった。今回、ルスツが会場になることで北海道は2回目の開催になる。ファンデーションメンバー(年会費会員)以外は、完全招待制。道内のファンデーションメンバーは川島昭彦ビー・ユー・ジーDMG森精機(本社・札幌市厚別区)社長、佐藤良雄SATO社会保険労務士法人(札幌オフィス・札幌市東区)代表など。


5人の方が「この記事が参考になった」と言っています。