桂和商事(本社・札幌市中央区)の「桂和北1条ビル」が6月1日に竣工する。札幌駅前通に面した11階建てのオフィス・飲食の複合ビルで、同社が札幌中心部でビルを新築するのは10年ぶりになる。IMG_4688(写真は、完成した桂和北1条ビル=2016年5月17日午後撮影)

「桂和北1条ビル」は、札幌市中央区北1西3の味の時計台ビル跡に昨年6月から建設。設計・監理は石本建築事務所(本社・東京都千代田区)、施工は淺沼組(同・大阪市浪速区)。建築費は約5億円。
 敷地面積は54・29坪、地上11階建て、延べ床面積は521・99坪。1層1フロアで広さは43・50坪。エレベータ直通の仕様になっている。
 1~3階と最上階の11階が飲食フロア、4階は美容室、5~10階がオフィスフロアになる。同社によると、ワンフロアを残したすべて埋まったという。
 同社は、ソシアルビルとオフィスビルの取得をここ数年活発化している。現在、同社が札幌中心部で保有しているオフィスビルは次の通り。
■札幌第一ビル(北2西3)
■第37桂和ビル(北2西2)
■北2条桂和ビル(北2西2)
■第36桂和ビル(大通東2)
■桂和大通ビル50(大通西1)
■桂和大通西3ビル(大通西3)
■桂和大通ビル38(大通西5)
■桂和大通ビル30(大通西8)
■第27桂和ビル(南1西6)
■第28桂和ビル(南1西8)
■桂和MTビル(南2西4) 
(以上、桂和北1条ビルを含めて12棟)
 
 同社によると、「既存オフィスビルの建て替えを検討しているほか、新規取得にも前向きに考えている」としている。


3人の方が「この記事が参考になった」と言っています。