札幌市白石区東札幌の高層賃貸マンション「ローズシティ東札幌」(東札幌5条3丁目)を平和不動産(本社・東京都中央区)が約15億円で取得した。入居率の高い賃貸マンションは、利回りが見込めることから不動産投資信託(REIT)物件の対象になっている。平和不動産もこのマンションの流動化を図って行くと見られる。IMG_2557(写真は、賃貸マンションの「ローズシティ東札幌」)
 
「ローズシティ東札幌」は、サッポロビールのグループ会社、サッポロ都市開発(札幌市中央区、現在は合併によりサッポロ不動産開発=東京都渋谷区)が2008年3月に建設。敷地面積約645坪で地上15階、延床面積約2200坪。賃貸部分は1DK中心に150戸。
 
 昨年末に、土地建物の所有権がサッポロ不動産開発から平和不動産に移った。取得価格は約15億円前後と見られる。
 札幌中心部では、賃貸マンションのREIT化が進んでいる。昨年11月には、積水ハウス(本社・大阪市北区)の賃貸マンション「プライムメゾン」3棟が積水ハウス系の投資法人「積水ハウス・SIレジデンシャル投資法人」に総額51億円で売却された。これら3物件の利回りは5・5~5・6%。
 
 平和不動産系の投資法人は「平和不動産リート投資法人」。「ローズシティ東札幌」も同投資法人に売却されREIT物件として流動化されると見られる。
 今後も、札幌市内で利便性が良好で入居率が高い賃貸マンションは、REIT物件に供されるケースが増えうだ。


2人の方が「この記事が参考になった」と言っています。