DSC_5273DSC_5277 スウェーデンに本拠があるカジュアル衣料品店、H&M(ヘネス・アンド・マウリッツ)の札幌店が23日午前11時にオープンする。出店場所は、中央区南1条西3丁目のラ・ガレリア(丸一ビルヂング)ビルの地下2階~地上2階。1~2階の道路沿いには既に同社衣料品のデザインが施されており「札幌の皆さん、お待たせしました」とオープン日も告知されている。年末に向けて大通ゾーンの集客力を強めそうだ。(写真は、ラ・ガレリアビルに出店するH&M札幌店とオープンの告知)
  
 H&Mは札幌初進出。流行の衣料品を低価格で販売するファストファッションの専門店。同じファストファッションのユニクロやギャップなどに比べファッションに特化したのが特長。ラ・ガレリアの地下1~2階、地上1~2階の4フロア(約 1900㎡)に出店する。婦人服、紳士服、子供向け衣料のほかアクセサリーなど幅広い品揃えで集客する。
 
 スウェーデンのH&M本社経営陣は、9月ころに出店場所を視察している。オープン前に本社経営陣が店舗を訪問するのは異例とされ、札幌出店に掛ける期待は大きいようだ。


1人の方が「この記事が参考になった」と言っています。