セイコーマート(本社・札幌市)は24日、道内170市町村目の出店となる「セイコーマート比布新町店」をオープンした。これによりセイコーマート店舗が未出店の道内自治体は9自治体となった。同社によると道内人口のカバーは99・5%になるという。
  

 比布新町店は、売場面積115㎡で酒、タバコ、出来立て弁当などを提供するホットシェフといった従来店舗の商品とともにイートインコーナーを設置した「新型タイプの店舗」(同社)。営業時間は午前6時から午前零時。駐車場台数は11台。

 今回の出店は全道179市町村のうち170市町村目。道内の総店舗数は1050を超え、人口カバー率99・5%、店舗数シェアは37・8%になる。