アークス(本社・札幌市)が5日発表した2014年2月期第一四半期(3~5月)決算は、売上高が前年同期間比8・1%増の1150億900万円となったが、営業利益は同12・2%減の29億9300万円、経常利益は同9・1%減の33億1000万円、四半期純利益は同10・3%減の16億7400万円になった。
 
 売上高は、昨年9月に故会社化したジョイスの業績が貢献したものの、店舗競争力強化の投資負担で利益が減少した。
 主な部門別売上高は、食品が915億5100万円で前年同期間より8・4%増加、衣料品は同6・2%減の8億1500万円、住居関連は同9・9%増の57億800万円、酒類は同10・1%増の79億6800万円。医薬品は同4%減の3億7800万円だった。
(※第一四半期決算についての詳細は、本サイト右欄にあるアークスのバナーをクリックして最新更新情報クリックすると閲覧できます)