コープさっぽろは、理事会を構成する理事の有識者理事枠を1人増員し、経営コンサルティング活動をしている早大大学院ビジネススクール教授の遠藤功氏と北海道大学大学院経済学研究科教授の吉見宏氏の2人を選任することを決め、7日に開かれる第47回通常総代会で正式決定する。2004年から有識者理事を務めた濱田康行氏(札幌国際大学学長)は退任する。(写真は、吉見宏氏)
 
 コープさっぽろの理事は、現在19人。理事長や専務理事、常務理事の4人はコープから選ばれ、他の15人は有識者やコープ組合員の地区代表から選出されている。
 
 7日に開催される通常総代会では、有識者理事を1人増員し合計20人体制にすることを決める。組合員選出理事の多くが交代するが、有識者理事として新たに就任するのは、遠藤功氏と吉見宏氏。
 
 遠藤氏は、1956年東京生まれで早大商学部卒。三菱電機を経てボストン・コンサルティンググループ入りし、その後は経営コンサルティング活動で実績を積んできた。現在は、早大大学院ビジネススクキール教授、経営コンサルティングのローランド・ベルガー日本法人会長を務めているほか、良品計画社外取締役などに就いている。『見える化』や『現場力を鍛える』などの著書がある。
 
 吉見氏は、1961年長崎市生まれ、九州大学経済学部経営学科卒業。90年3月に九大大学院経済学研究科経営学専攻博士後期課程単位取得退学後、91年2月に北大経済学部講師、93年2月同助教授、2004年6月から教授を務めている。
 
 有識者理事枠は3人になるが、有識者理事枠で選任され理事会常任議長を08年から務めている麻田伸二氏(酪農学園理事長)は続投、濱田氏は退任する。



この記事は参考になりましたか?