イオン北海道(本社・札幌市白石区)は、10月1日付で星野三郎社長(63)が取締役相談役に退き、青柳英樹取締役兼執行役員営業本部長(57)が社長に就任するトッブ人事を決めた。星野社長は健康上の理由により退任するもので今後、療養に専念する。IMG_9428(写真は、取締役相談役に退く星野三郎社長)
新任_青柳画像2(写真は、社長に就任する青柳英樹氏)

 星野氏は、2004年にジャスコ北海道事業部長を務めた後、イオンリテールの執行役員や取締役など経て14年5月からイオン北海道の社長。
 
 青柳氏は、1983年4月信州ジャスコ(現イオン)入社、07年4月マックスバリュ事業本部東北事業部長、13年3月イオンリテール執行役員北陸信越カンパニー支社長、14年3月同社執行役員店舗構造改革チームリーダー、15年4月同社デジタル推進リーダー、17年3月イオン北海道執行役員営業本部副本部長、17年5月から現職。

 星野社長は、中間決算がまとまったこのタイミングで交代することにした。青柳氏は、GMS(大規模スーパー)、SM(スーパーマーケット)の両業態に精通しデジタル関連のリーダーも務め、幅広い経験があることから後任社長を託された。同社の代表権は社長1人が持っている。

 同社は、同じく10月1日付で取締役人事も行う。(敬称略)
▷取締役兼常務執行役員商品本部長兼コーディネーター部長(取締役兼執行役員商品本部長兼コーディネーター部長)笠島和滋▷取締役兼執行役員営業本部長(取締役兼執行役員営業副本部長)関矢充