マックスバリュ北海道(本社・札幌市中央区)は、低価格食品スーパー「ザ・ビッグ西岡店」(札幌市豊平区西岡3条7丁目)を17日(火)から一時休業、7月下旬にリニューアルオープンさせる。20180712_174712(写真は、17日から一時休業する「ザ・ビッグ西岡店」)

「ザ・ビッグ西岡店」は、1998年4月に札幌フードセンターと合併する前の北海道ジャスコが札幌市内に初出店した「マックスバリュ」店舗。当時の「マックスバリュ」は、屋根の形状を工夫するなど現在のスマートタイプの「マックスバリュ」とは違った時代感を表している。

 土地建物はいずれも賃借で、直営売り場面積は約712坪(2350㎡)、スタート時はツルハドラッグも入っていた。低価格業態の「ザ・ビッグ」に転換したのは、2010年10月。その後13年6月にドラッグ売り場を設けるなどリニューアル。16年9月には1日だけ休業して支払いセルフレジ導入を行った。今回は、5年ぶりの大規模リニューアルで設備面などを更新することになりそう。

 同社は、既存店リニューアルを継続的に実施している。2019年2月期に入ってからは3月に「マックスバリュ西陵店」(帯広市)と「ザ・ビッグ江別店」(江別市)、4月に「マックスバリュ芦別店」(芦別市)と「マックスバリュ琴似3条店」(札幌市西区)、5月に「ザ・ビッグ石山店」(同市南区)の計5店舗で実施している。なお、「西岡店」に入っている焼きたてパンの「ボストンベイク西岡店」も同時に休業する。


9人の方が「この記事が参考になった」と言っています。