アークス(本社・札幌市中央区)子会社のラルズ(同・同)は、札幌市中央区南11条西7丁目の「スーパーチェーンシガ中島公園店」を「ラルズマート中島公園店」に転換リニューアル、12日にオープンさせた。20180612_122137(写真は、屋号を転換して改装オープンした「ラルズマート中島公園店」)

「スーパーチェーンシガ中島公園店」は、1968年に竣工した地上9階建て朝日ビルの1階で、コープさっぽろの店舗跡に2006年に丸しめ志賀商店(余市郡余市町)が居抜き出店して運営していた店舗。ラルズは2年前に同商店を事業承継、これまで店舗名を変えていなかったが、今回の改装を機に「ラルズマート」に切り替えた。

 店舗面積は約119坪(約393㎡)で変更はないが、日配品(豆腐、漬物、乳製品など)や冷凍食品コーナー、デリカコーナーを拡大したほかカウンターテーブルと椅子を用意、イートインを利用できるようにした。レジ台数は3台。また、銀行ATMを新設、ネット銀行を除く金融機関が利用できる。営業時間は午前9時から午後9時50分、駐車場はない。

 志賀商店が運営していた余市町、小樽市、札幌市、石狩市の13店舗は、ラルズが承継した後、改装時に屋号を「スーパーチェーンシガ」から「ラルズマート」、「スーパーアークス」に転換してきた。余市町は「余市スーパー」の名称を存続させて運営しているが、石狩市内1店舗に続き、小樽市内の6店舗は4月に全転換が終了。札幌市内の3店舗も今回の「中島公園店」で2店舗の転換が終わった。
 これによって「スーパーチェーンシガ」の屋号を持つスーパーは、南区の「スーパーチェーンシガ真駒内店」の1店舗のみになる。


6人の方が「この記事が参考になった」と言っています。