ホームセンターを全国展開しているコメリ(本社・新潟市南区)は、函館市西桔梗町246番4ほかに「コメリパワー函館西桔梗店」を出店する。コメリは道内に6店舗の大型ホームセンター、「コメリパワー」を出店している。道南地区は初出店となる。イメージ (5)(図は、コメリパワー函館西桔梗店の位置。円は商圏範囲を示す)

「コメリパワー函館西桔梗店」は、産業道路沿いの函館市と北斗市の境界に近い場所にオープンさせる。「ツルハドラック西桔梗店」や医療法人社団函館敬愛会「好和会クリニック」に隣接した立地になる。

 敷地面積約7058坪(2万3292㎡)を使って店舗面積合計約2806坪(9262㎡)の建物を建設する。商圏範囲は、函館市と北斗市にまたがる半径3㎞で函館市から1日4000人、北斗市が1日1000人、合計5000人の集客を見込む。様々な許認可申請が必要だが、農地法と都市計画法の申請は8月中旬に、建築基準法の確認申請と開発行為の申請は10月中旬に、大規模小売店舗立地法申請は11月初旬にそれぞれ行う予定。建物の建設は、2019年2月から開始して同年9月から営業を開始する考え。

 コメリは、今年3月に苫小牧市柏原の苫東産業団地内に「コメリ北海道流通センター」を稼働させ、店舗オペレーションを統括する「北海道地区本部」も同センター内に開設した。ここでは道内の店舗売り上げで300億円まで対応できるため、今回の函館出店を契機に積極出店を行っていく。