セブン―イレブン・ジャパン(本社・東京都千代田区)の札幌地区事務所が札幌市中央区北1西1の大型再開発ビル「さっぽろ創世スクエア」にオフィスを構える。また、同ビル1階には「セブン―イレブン」の店舗もオープンさせる。20180409_132236(写真は、完成が近いさっぽろ創世スクエア)

 セブン―イレブン・ジャパンの札幌地区事務所は現在、中央区大通西7丁目の井門パークフロントビルの3階と11階にテナント入居している。また、1階には「セブン―イレブン札幌大通西7丁目店」が営業している。

 同事務所は階が離れた2フロアに分散しているため、ワンフロアのビルに移転、効率を高めることにした。移転先の「さっぽろ創世スクエア」(地下5階、地上28階)は、市街地再開発事業に認定された再開発ビルで5月に竣工、オフィスの入居が始まる。セブン―イレブン・ジャパンの札幌地区事務所は中層階のワンフロアを賃借する。

 1階のコンビニ店舗は、「札幌1.1.1区北1西1地区市街地再開発組合」が所有するフロアを賃借して「セブン―イレブン」店舗をオープンさせる。同組合が実施した入札にはコンビニ4社が入札、セブン―イレブン・ジャパンが落札した。