マックスバリュ北海道(本社・札幌市中央区)は、帯広市西18条南2丁目5―17の「セイリョーいちまる店」を「マックスバリュ西陵店」に転換リニューアル、17日(土)午前9時にオープンさせる。十勝エリアで6店舗目のマックスバリュ店舗になる。IMG_5638(写真は、セイリョーいちまる店)

 セイリョーいちまる店は、旧いちまる(帯広市)が2004年6月にオープンさせた店舗。15年10月にマックスバリュ北海道がいちまる店舗を全店承継して運営してきた。同社は順次、いちまる店舗のマックスバリュ店舗への転換リニューアルを実施しており、今回6店舗目として転換することに決め、7日から休業、転換作業を進めている。

 転換リニューアルでは、地域密着をより強化するため野菜コーナーに新鮮な地元野菜として帯広市中村農園の玉ねぎ、士幌町夢想農園の水菜に加え、同農園のパクチーも品揃えする。水産コーナーには、釧路市や十勝沖近郊で水揚げされたカレイやニシンなどを豊富に品揃え、広尾町で加工した「ほっけ開き」、「宗八ガレイ」などの干物も用意。十勝沖近郊で水揚げされて、漁港近くの加工場で蒸した蒸しだこのぶつ切りやスライスなども種類豊富に提供する。

 畜産コーナーの“うまいもん十勝”コーナーでは「北の匠餃子」、北海道の銘柄鶏「中札内田舎どり」とその加工品など地元で馴染みの商品を揃える。
 店舗面積は約436坪(1442㎡)で駐車台数は74台。営業時間は午前9時から午後11時でセイリョーいちまる店舗の時より1時間早まる。


6人の方が「この記事が参考になった」と言っています。