ファッション市場サンキ(本社・千葉県柏市)のグループ会社、北海道三喜(同・札幌市白石区)は、3月に「野幌店」(江別市野幌松並町)を新規出店する。コープさっぽろ野幌店2階のフロアで、昨年末まで家具・インテリアの「スイートデコレーション野幌生協店」がテナント入居していた跡に入る。IMG_0910(写真は、コープさっぽろ野幌店。屋上の塔屋看板には、まだスイートデコレーションを展開していた長谷川家具の名前が出ている。)

 北海道三喜は、2008年3月に、サンキのグループ会社だった三喜共同衣料がコープさっぽろの衣料部門、コープ衣料の33店舗を承継して設立された。コープさっぽろ店舗内の店舗が多いが、最近は西友店舗内への出店のほか路面店展開も強化している。2017年2月期の売上高は約87億円。

 同社の道内店舗数は現在、42店舗。「野幌店」で43店舗になるが江別市には初出店となる。なお、ファストファッション業界では、「しまむら」が道内67店舗、ユニクロが30店舗、GUが11店舗それぞれ出店している。「しまむら」は、江別市野幌代々木町に産直(本社・札幌市厚別区)の「生鮮市場江別店」と隣接して「江別店」を構えている。



8人の方が「この記事が参考になった」と言っています。