札幌・狸小路商店街にある「ドン・キホーテ札幌店」(札幌市中央区南2条西3丁目)の移転先として整備が進められている「札幌狸小路店」(南2条西4丁目)のオープンが、2018年1月中旬になりそうだ。移転先は既存店舗から駅前通を渡った50mほど先の同じ狸小路商店街に面している。20171213_160825(写真は、オープン準備が進んでいるドン・キホーテ札幌狸小路店。南2条通側)

「ドン・キホーテ札幌店」は、再開発が計画されている南2西3地区の中核ビルである「サンデパートビル」の1~4階にテナント出店している。同地区は周辺6棟のビルを含めて解体され、地下2階、地上29階建てのマンション・商業複合ビルに生まれ変わることになっている。

 このため「ドン・キホーテ札幌店」は、今年6月、移転先として同じ狸小路商店街にある札幌平成観光ビルに決めた。店舗を設置するのは、パチンコKEIZを展開する平成観光(本社・岐阜県多治見市)。ドン・キホーテ(同・東京都目黒区)が複数フロアを賃借して店舗面積約547坪(1807㎡)の「札幌狸小路店」として18年1月中旬にオープンさせる。

「札幌狸小路店」オープンによって「札幌店」は閉店することになるが、インバウンドの来店客も多いため、2店体制で中国の旧正月である春節需要に応えることも想定される。