ツルハホールディングス(HD、本社・札幌市東区)は、11月1日から中国の決済サービス「Alipay」の取り扱いをグループ全店の約1660店で始めた。P1090144(写真は、ツルハのインバウンド店舗)

「Alipay」は、アリババグループが提供する中国最大級のオンライン決済サービス。表示させたバーコードやQRコードをレジで読み取ることで現金を使わずに決済できる。

 ツルハHDは、10月から決済サービス「WeChat Pay」の取り扱いを始めており、今回の「Alipay」を加えることで中国人向け決済サービスを拡充、インバウンド需要に応える。
 今後は「Alipay」を利用したお客に割引特典やクーポンの付与などキャンペーンも実施していく。 


1人の方が「この記事が参考になった」と言っています。