JR島松駅の西口にトライアルカンパニー(本社・福岡市東区)のディスカウントスーパー「スーパーセンタートライアル恵庭島松店」(恵庭市島松寿町1丁目4番1)が外観を現してきた。工事用シートに覆われているため輪郭しか分からないが、1階建ての正方形に近い建物で一般的なトライアル店舗より大きいイメージ。オープン予定は10月中旬。これから急ピッチで工事が進む。20170920_142741 (2)(写真は、「スーパーセンタートライアル恵庭島松店」)

 出店場所は、JR島松駅西側にあった旧日本石油(現JXTGエネルギー)札幌油槽所跡地。同油槽所は2010年6月末に閉鎖されており、その後は更地になっていた。江別恵庭大通沿いで北広島市街からも近く、恵庭市恵み野の住宅地からも買い物客を呼び込める距離。約2㎞南には「ダイイチ恵み野店」や「DCMホーマック恵庭店」が集積したショッピングセンター「フレスポ恵み野」(大和リースが開発)が、また駅東側には中型サイズの「ラルズマート島松店」があるため、買い物客を三者が奪い合う関係になりそう。

 工事用シートに覆われているため工事の進捗状況は見通せないが、床貼りは終わって近く什器、冷凍設備の設置に入る段階と思われる。店舗面積は約1130坪、駐車場の収容台数は180台を予定、24時間営業になる。

 2014年4月の消費増税の年度に、道内一挙7店舗を新規出店したトライアルカンパニー。低価格指向の買い物ニーズを掴んだが、大量出店による店舗運営の標準化が難しく、翌年には客足の勢いが鈍った。その後、徐々に盛り返し、店舗は再び活気を取り戻すようになっている。19年10月の消費税10%に向けてトライアルカンパニーは道内出店を再開するのか、「恵庭島松店」はその試金石の店舗になりそうだ。


9人の方が「この記事が参考になった」と言っています。