ベーカリーカフェ「ペンギン」を展開する長谷川ダイヤモンドキッチン(本店・札幌市中央区)は、12月に道内6店舗目となる「千歳店」をオープンさせる。昨年、恵庭市に1号店を出店してから今年は既に3店舗を出店、10月には「美園店」(札幌市豊平区)もオープンさせる。スピード出店で店舗網を拡大する。20170920_150240 (2)(写真は、ペンギン千歳店の出店場所)

 長谷川ダイヤモンドキッチンは、ホテルやメディア・IT事業を行っている長谷川トラストグループ(本社・東京都豊島区)の飲食事業を行う子会社。東京では銀座、日本橋にBARを営業、鎌倉では和食レストランを運営している。

 北海道では昨年5月に、恵庭市内にベーカリーカフェ「ペンギン」を出店。道産小麦を使った出来立てパンの人気が高まり、今年4月に「円山裏参道店」(札幌市中央区)、6月に「山鼻店」、(同)、8月に「岩見沢店」(岩見沢市)を相次ぎ出店、10月には5号店となる「美園店」を新設する。同店は、ツルハドラッグ美園1条店とのコラボ出店になる。

 12月にオープンさせる「千歳店」(青葉4丁目12-16)は、ローソン千歳青葉店跡へ居抜き出店のスタイルを取る。「岩見沢店」はセイコーマート店舗跡に居抜き出店しており、出店コストを抑えて多店舗化を進める。



16人の方が「この記事が参考になった」と言っています。