豊月(本社・苫小牧市)が建て替え工事を進めている苫小牧市双葉町2丁目の「フードD双葉食彩館」が姿を現してきた。建物はほぼ完成しており10月にはオープンを迎えそうだ。IMG_8013 (3)(写真は、オープンまで1ヵ月を切ったフードD双葉食彩館の新店)

 豊月は、「フードD双葉食彩館」の店舗老朽化のため今年3月から建て替えに着手。5月の解体完了から新店舗建設に取り掛かっている。建物の設計・監理はスカイ・サイト(札幌市中央区)で施工は安藤ハザマ札幌支店(同)。工事期間は9月末までになっている。

 新店舗は旧店舗に比べて売場面積は約1・7倍に拡大して約540坪になる。店舗は東向きで店舗出入口の前面に駐車場を配置する。現在は写真のように建物、設備は完成しており今後は外構工事などに入り、オープン日まで急ピッチで最終作業を進める。
 豊月が新店舗を建設するのは、2011年9月の「フードDボスコ店」(札幌市手稲区前田7条11丁目)以来、6年ぶり。


6人の方が「この記事が参考になった」と言っています。