アークス(本社・札幌市中央区)グループのラルズ(同・同)は、「スーパーチェーンシガ伏見店」(札幌市中央区南18条西17丁目)を「ラルズマート伏見店」に改装、13日(木)午前9時にオープンさせる。昨年2月に承継した「スーパーチェーンシガ」の改装に合わせた屋号転換の4店舗目になる。IMG_5848(写真は、ラルズマートの看板に取り換えられた店舗=2017年7月11日午後撮影)
IMG_1014(写真は、スーパーチェーンシガ時代の伏見店)

「スーパーチェーンシガ伏見店」は、2000年10月に丸しめ志賀商店が札幌市内1号店としてオープンさせた店舗。店舗面積は約364坪。今回の改装によって生鮮部門の各コーナーにファミリー向け「大容量」、「お買い得パック」から食べ切り、使い切りに便利な「少量」、「個食パック」まで様々な容量パックを用意するほか、鮮魚と畜産コーナーには平型オープンケースを新設、お勧め、お買い得商品を豊富に提供する。

 また、需要が伸びているデリカと冷凍食品のコーナーを拡大した。新サービスとして純水(RO水=逆浸透膜ろ過システムを使用して不純物を取り除いた水)給水機を設置、店内で販売する専用ボトル(3・8ℓ用、税込540円)を持参すれば、純水の給水サービスを利用できる。

 営業時間は午前9時から午後9時50分、駐車台数は128台。建物はダイソーや美容室、各種教室などが入る2階建てで、ラルズ店舗は1階部分。環状通沿いの約1㎞北には「ラルズマート啓明店」(南11西21)があり、約1㎞の東北方向には「ラルズマート山鼻店」(南12西11)がある。山鼻、伏見、啓明地区を三角形で囲む店舗配置になる。


5人の方が「この記事が参考になった」と言っています。