サツドラホールディングス(本社・札幌市北区)の事業子会社、サッポロドラッグストアー(同・同)は、虻田郡倶知安町に「サツドラ倶知安店」を出店する。オープン予定日は2017年11月2日。同社にとって、リゾート店舗の「サツドラニセコひらふ店」に続く同町2店舗目になる。店舗外観(写真は、倶知安町字山田にある「サツドラニセコひらふ店」。この店舗はリゾート地にあるが、新店舗は市街地に設置される。サッポロドラッグストアー提供写真)

 出店場所は、国道5号線沿いの倶知安町南7条東1丁目1―1ほか。店舗は、サンリバーはせがわ(本社・札幌市中央区)が設置してサッポロドラッグストアーが賃借する。店舗面積は、約384坪で駐車場の収容台数は48台。
 サンリバーはせがわは、札幌市内を中心に不動産賃貸を事業にしているほか余市町の鶴亀温泉も所有運営している。

 サッポロドラッグストアーは、昨年11月23日に倶知安町内に「サツドラニセコひらふ店」を出店した。この店舗は、リゾート対応店舗で同町字山田の「Hirafu88」の1階約77坪を利用。冬期のスキー客や長期滞在の観光客をターゲットにしたものだが、今回は地域住民の日常ユースにも対応した標準店舗とする。
 なお、倶知安町内にはツルハドラッグ(本社。札幌市東区)が国道5号線沿いに2店舗を出店している。



10人の方が「この記事が参考になった」と言っています。