イオン北海道(本社・札幌市白石区)は、3月10日(金)午前7時に札幌市北区に小型食品スーパー「まいばすけっと北11条西4丁目店」をオープンさせる。昨年11月29日の「北6条東5丁目店」以来の出店で同社の展開する「まいばすけっと」は36店舗になる。IMG_2258 (2)(写真は、オープンが近いまいばすけっと北11条西4丁目店)

「まいばすけっと」は、コンビニエンスストアと同程度の売場面積で、コンビニよりも生鮮食品や加工食品の品揃えを豊富にした小型食品スーパー。イオン北海道は、イオングループが首都圏で展開している「まいばすけっと」のノウハウを取れ入れて2012年3月から札幌市内限定で出店を開始した。16年末までの出店数は40店舗で、そのうち5店舗を閉店、現在は35店舗を展開している。

「北11条西4丁目店」は、1983年に竣工した11階建てマンション「ラビドールN11」の1階に出店する。これまでの「まいばすけっと」店舗は表通りに面して目につきやすい立地だったが、今回の店舗は中通りにあって目に留まりにくく、目的買いの客以外の利用は少ないと思われる。
 なお、近隣にはサンクスから転換した「ファミリーマート北海道大学前店」がある。


9人の方が「この記事が参考になった」と言っています。