マックスバリュ北海道(本社・札幌市中央区)が、フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーヴォー」の解禁日である17日に、札幌市中央区の「マルヤマクラス店」で、HTB「イチオシ!モーニング」でお馴染みの木村愛里さんとシニアソムリエでオステリア大和亭の大和保仁さんによるワイントークショーを開催した。ボージョレ・ヌーヴォーの解禁を祝う「乾杯!」の掛け声で始まったトークショー(ボージョレ・ヌーボーの解禁を祝う乾杯の掛け声で始まったトークショー)

 ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日は毎年11月の第3木曜日。同社では毎年、この日に合わせ、イオンPB(プライベートブランド)でボージョレ地方伝統の美味しさを気軽に楽しめる「トップバリュ ボージョレ・ヌーヴォー」(750ml・税込1058円)を販売。リーズナブルなものから本格派まで幅広い種類を取り揃えている。
 今年は、「トップバリュ セレクト ドメーヌ・ド・ラ・プラス ボージョレ・ヌーヴォー」(750ml・税込2138円)が初登場。2015年のボージョレ・ヌーヴォー公式コンクールで最高金賞を受賞し、国内外から注目を集める逸品で、まろやかな口当たりとフルーティーな味わいが特徴。 

「今年のボージョレ・ヌーヴォー解禁に乾杯!」の掛け声で始まったトークショー。13時半と16時の2回行われ、今年のボージョレ・ヌーヴォーの特徴や、飲み方になどについて紹介された。

 今年のボージョレ・ヌーヴォーの出来について、大和さんは「今年もやっぱり美味しい。エレガントでちょっと魅惑的なワインだという評価になっていますがその通り。バランスがいい」と評価。ワインに合う料理として鍋料理をあげ、イベントでは特別に大和さん考案の簡単に作ることができる、ワインに合うおつまみも用意。「ハーブクリームチーズ」や「簡単おつまみピーマン昆布」など6品が集まった人たちに振る舞われた。
 最後にワインの楽しみ方について、「ワインは堅苦しい印象があると思いますが、そんなことはなくあくまで飲み物。食べ物を活かす、大切な人と大切な時間を過ごすのに最高なツールです。気楽に楽しんでいただきたい」と語った。
 
 トークショー終了後は木村さんによるワイン即売会も行われ、購入したボージョレ・ヌーヴォーを手に笑顔で帰る客の姿が見られた。
※トークショーの映像はこちらの画像↓をクリックしてご覧ください



4人の方が「この記事が参考になった」と言っています。