食品スーパーの「産直生鮮市場」が今秋、北広島市大曲に「大曲店」(末広1丁目2番地)を出店する。8月23日に閉店した「ジョイセリオおおまがり店」への居抜き出店で、「産直生鮮市場」の7店舗目になる。IMG_7423(写真は、産直が出店する生鮮市場大曲店)

「産直生鮮市場」は、産直(本社・札幌市厚別区)が展開する食品スーパー。青果や精肉、水産はテナントで対応、産直は販促やMD(販売政策)を担当している。
 同じ生鮮市場でも「JR生鮮市場」9店舗は、JR北海道子会社の北海道ジェイ・アール・フレッシュネス・リテール(同・札幌市東区)が展開。両社に資本的な関係はないが、全国の生鮮市場グループとして情報交換するなどの交流がある。豊平川より西がJR生鮮市場、東が産直生鮮市場に色分けされている。

 産直が出店する場所は、今年8月23日までマックスバリュ北海道(本社・札幌市中央区)が展開していたジョイセリオおおまがり店跡で、クリニックやメディカル、調剤薬局などが集まるセリオおおまがり内。ここではドラッグストアのアインズも営業していたが、昨年7月31日に閉店。そのアインズ跡には、ゲオグループのセカンドストリートが9月上旬にオンライン買取販売などを行う札幌ECセンターを設置する予定になっている。


26人の方が「この記事が参考になった」と言っています。