コープさっぽろ(本部・札幌市西区)は、20日(土)から札幌市白石区の「ルーシー店」(栄通18丁目5―35)にCO‐OP共済の専用カウンターを設置した。コープさっぽろが共済の専用カウンターを店舗内に設置するのは初めて。DSC_0584(写真は、ルーシー店に設置された共済カウンター=コープさっぽろ提供)

 専用カウンターは、1階東口のミスタードーナツ横。カウンターには専任の担当者を配置して、コープさっぽろが扱うCO‐OP共済商品の保障内容の説明やライフプランの立て方、保障の見直しの相談、請求のサポートなどを実施する。
 共済の加入申し込みは、これまで店舗のカウンターや宅配トドック担当者に申し出る方法だったが、共済の専用カウンターでは担当者から細かくアドバイスを受けることができる。
 
 コープさっぽろの共済事業は2015年度で16億4600万円の事業高がある。14年度よりも4・1%の増加。今後も1%程度の安定的な成長を見込んでいる。


この記事は参考になりましたか?