士幌町農業協同組合(本所・河東郡士幌町)は、Aコープや家具、電気店が集積する「ASPO」を建て替え、来年3月末にオープンさせる。道が12日に大規模小売店舗立地法の規定による新設届出を告示した。新たにホーマックニコット(本社・札幌市厚別区)が店舗を設置して商業集積を高める。IMG_6669(写真は、ホーマックニコット店舗=訓子府店)

 新「ASPO」は、現店舗の東側に建設、3棟から構成される。士幌農協のAコープ棟は、建築面積3969㎡の1階建てで店舗面積はAコープ1743㎡、書籍・時計・メガネのマツイ(士幌町)65㎡、医薬品・化粧品の大口薬局(士幌町)93㎡からなる。
 
 ホーマックニコット棟は、建築面積1109㎡で店舗面積は956㎡。また、家具の北嶋商店(士幌町)棟は建築面積798㎡で同社店舗453㎡と道東電機(帯広市)の家電店舗「コスモスベリーズ」は104㎡からなる。
 
 総店舗面積は、3414㎡で駐車場の収容台数は166台。立地場所は、士幌町農協本所の北側で、町の中心市街地の一角、道道笹川士幌線沿いに面している。商圏人口は、士幌町と上士幌町で1万1319人、世帯数は5038世帯。


6人の方が「この記事が参考になった」と言っています。