ラオックス(本社・東京都港区)は、7月28日に北海道エリア8店舗目となる「札幌時計台通り店」を出店する。JR札幌駅から延びる札幌のメーンストリート、駅前通に面した敷島北1条ビル(中央区北1西3)1~2階で訪日外国人のほか地域の買い物客も対象にした店舗にする。P1090055(写真は、敷島北1条ビル)

 店舗は総合免税店として1階は化粧品、理美容品、医薬品、雑貨、2階は家電製品、時計、ジュエリー、工芸品、日用雑貨で7階には事務所を置く。総面積は1215㎡。営業時間は午前9時から午後9時まで。店舗は、女性客を惹きつけるコーナーや雰囲気を醸し出すことにしている。
 
 ラオックスは、北海道では千歳アウトレットモール・レラ店や函館赤レンガ店、小樽運河店、釧路空港店など7店舗を展開、「札幌時計台通り店」は8店舗目になる。7月1日にはレラ店を222㎡から702㎡に増床、スイス時計ブランド『チトーニ』の正規販売店として取扱いもスタートさせる。
 
 敷島北1条ビルは、元三和銀行北1条ビルで、敷島ビル(北2西3)を所有する敷島屋が取得。1~2階は三井住友信託銀行札幌支店だったが、14年8月に完成した札幌三井JPビルに同支店が移転後は空室だった。


7人の方が「この記事が参考になった」と言っています。