北雄ラッキー(本社・札幌市手稲区)は、新決算年度が始まる3月1日付で社長直轄の組織として「業務推進室」と「経営企画室」を新設する。昨年3月に就任した桐生宇優社長(50)をトップとする取締役会の意思決定を迅速に店舗現場に浸透させていくのが狙い。P1070671(写真は、「星置店」の内部にある北雄ラッキー本部)

 同社は昨年就任した創業者の長男、宇優社長の下で組織強化を実施。営業本部の各部長の権限を強化して営業政策を強力に進められる組織運営体制にした。今回の組織変更は、こうした土台をさらに進化発展させるのが目的。
 業務推進室長には堀田史朗取締役執行役員が販売部長から異動する。経営企画室長には、管理本部経理部企画課マネジャーの田中寛密氏が就く。
 他の人事は次の通り。
(2月1日付)
▽衣料部長移植を解く執行役員鈴木仁▽営業本部衣料部長(営業本部衣料部チーフバイヤー)木戸芳浩
(3月1日付)
▽営業本部生鮮部長(営業本部生鮮部チーフバイヤー)加藤英俊▽営業本部販売部長(営業本部生鮮部長)髙橋徹
(3月31日付)
▽退任(執行役員)鈴木仁


5人の方が「この記事が参考になった」と言っています。