コープさっぽろ(本部・札幌市西区)は、札幌市白石区の「本郷店」(本郷通9丁目)を移転新築、今秋にも「白石本通店」(仮称)としてオープンさせる。NTT都市開発(本社・東京都千代田区)が建物を建て、コープさっぽろがリースバックで運営する。IMG_0474(写真は、NTT東日本札幌白石本通8社宅の解体工事)

「本郷店」は、1969年11月、コープさっぽろの15号店として白石区の本郷商店街にオープンした。土地面積は約370坪、店舗面積は約173坪。築47年が経過して老朽化が激しいため、移転新築することにした。
 新築場所は、NTT東日本札幌白石本通8社宅の跡地。3棟の社宅は解体され、その後にNTT都市開発がコープさっぽろの店舗を建設する。店舗面積は約650坪になる見込み。
 
 商業店舗を建設できない用途地域の制限があるため、建築基準法48条但し書きの適用が必要。地域住民への説明会で同意を得る手続きを行うことになる。オープンは今年秋以降になる。
 立地場所は、水源地通沿いで札幌白石記念病院に隣接している。本郷店は、更地にして売却する。


39人の方が「この記事が参考になった」と言っています。