アークスグループ(本社・札幌市中央区)の東光ストア(同・同市白石区)は、27日(金)午前9時に藤野店(同市南区)を移転リニューアルオープンさせる。旧店から約600m東にある旧トライアル藤野店を改装して出店するもので、売場面積約802坪と旧藤野店の1・5倍に拡大、買い物客の幅広いニーズを取り込んで行く。IMG_9709(写真は、27日に移転オープンする東光ストア藤野店の屋外看板)

 新しい藤野店(南区藤野2条4丁目)は、元々はカウボーイ藤野店としてオープンした施設。カウボーイがファンドに売却された後はディスカウントスーパーのトライアルカンパニー(同・福岡市)がトライアル藤野店として運営してきたが、アークスグループの東光ストアは約2年前に物件を取得、トライアルに店舗を賃借する形だった。そのトライアル藤野店が今年6月28日に閉店したことから、東光ストアは賃借物件だった旧藤野店の契約期間を1年残し19年で閉店、新藤野店として自社物件の旧トライアル店舗跡に移転リニューアル出店することにしたもの。
 
 新施設名は、「SHOPPING CENTER FUJINO」で核店舗の東光ストアは1階に食品コーナー、2階に衣料コーナー、書籍コーナーを配置する。惣菜売場では旬のネタを使った握りたての「魚屋の寿司 一心」、インストアベーカリー「ブーケ・ドゥ・パン」では焼きたてパンを提供、和・洋スイーツ専門店の「シャトレーゼ」も出店する。
 
 また、2階の新テナントとしてルック・ヒライ(同・同市中央区)が「メガネサロンルック藤野店」もオープンさせる。同社のメガネサロンは南区で「コープさっぽろソシア川沿店」(川沿5条2丁目)に続く2店舗目。なお、DCMホーマック藤野店、ダイソー藤野店、サンドラッグ藤野店など専門店は引き続き営業する。
 
 この土地はカウボーイが藤野店を出店する前は果樹園だったという。1980年代後半、この土地の取得や賃貸を巡ってアークスの前身、ラルズとカウボーイが競り合っていた因縁の場所だったそう。その時にはカウボーイが競り勝ったものの、四半世紀を経てラルズ(現アークス)のグループ会社が店舗運営に乗り出すことになった。食品スーパーの生生流転の象徴店舗とも言えそう。 


8人の方が「この記事が参考になった」と言っています。