食品スーパー、ダイイチ(本社・帯広市)の5月度売上高前年比が2日開示されたが、全店ベースでは4月の「恵み野店」(恵庭市)のオープンもあって前年同月比111・0%と4月度に続いて二ケタ増になった。既存店ベースでも107・1%と高い伸びを維持した。IMG_4216(写真は、4月10日にオープンした恵庭市の恵み野店)

「恵み野店」のオープンは4月10日で、5月度は新店効果がフル寄与、全店ベースの伸びは4月度の115・5%に次ぐ伸びを確保。
 部門別の売上高前年比は次の通り。
■青果 112・9%
■水産 109・9%
■畜産 115・3%
■惣菜 108・7%
■デイリー 109・4%
■一般食品 110・4%
■日用雑貨 109・2%
■その他107・6%
 4月度は昨年の消費増税導入による買い控えの反動で各部門とも二ケタ増になったが、5月度は巡航ペースに戻った感がある。なお客数は前年同月比106・5%、客単価は104・2%になった。