北海道を地盤とするドラッグストア2社の出店攻勢が続いている。ツルハ(本社・札幌市東区)は今年末にホームセンターのコメリ(同・新潟市南区)と約2000㎡の店舗を上川郡東川町に出し、サッポロドラッグストアー(同・札幌市北区)は他の商業店舗と組んで標津郡中標津町に約2700㎡の店舗を来年頭に出す。いずれも15日に道庁が大規模小売店舗立地法に基づく新設届出を告示して明らかになった。IMG_2060(写真は、サッポロドラッグストアー根室西浜店。中標津進出で根室管内は3店舗になる)

 ツルハとコメリが出店するのは、東川町北町4丁目521番6ほかの土地。店舗設置者はエムジーリース(東京都千代田区)とコメリ。新設予定日は今年の12月31日。店舗面積の合計は1998㎡。駐車場収容台数は82台。営業時間は最大に午前7時から午後9時50分。ツルハとコメリともに同町初出店。
 
 一方、サッポロドラッグストアーが出店するのは、中標津町西5条南11丁目5ほかの土地。店舗設置者もサツドラ。A・B棟、C・D棟に別れておりサツドラ以外の出店は未定。新設予定日は来年1月1日。店舗面積は2717㎡。駐車場の収容台数は120台。営業時間は最大でA・B棟が午前7時~午前0時、C・D棟は24時間営業。サツドラは中標津町に初出店。


6人の方が「この記事が参考になった」と言っています。