セイコーマート(本社・札幌市中央区)は、札幌市の「さぽーとほっと基金」に100万円を寄附、上田文雄市長から感謝状を贈呈された。セイコーマートが同基金に寄附するのは5年連続で、累計は1400万円になる。20150227(写真は、2月27日の感謝状贈呈式。右がセイコーマートの丸谷智保社長、左は上田文雄市長)
 
「さぽーとほっと基金」は、2008年度に発足したもので、札幌市が個人や企業、団体等から寄附を募り、町内会、ボランティア団体、NPOなどが行うまちづくり活動に助成する制度。
 
 セイコーマートは、10年度に道内出店1000店突破を記念してこの基金に1000万円を寄附。翌11年7月26日に札幌市と「さっぽろまちづくりパートナー協定」を締結したことから毎年この基金に100万円を寄附、今回で5年連続となり累計額は1400万円になった。
 
 2月27日に市役所10階の市長応接室で行われた感謝状贈呈式で、上田市長から丸谷智保社長に感謝状が手渡された。
 14年度の同基金の寄附件数と総額は3月5日時点で192件、7847万1772円。100万円以上寄附した企業はセイコーマートのほか太陽グループ、オーク、井出自動車整備工業、坂本電設の5社で個人も5人となっている。
 
 なお同基金発足以来の各年度の寄附件数と寄附総額は以下の通り。
▽08年度 147件 3554万6115円
▽09年度 165件 4646万1076円
▽10年度 138件 6453万3652円
▽11年度 225件 8778万5706円
▽12年度 258件 1億6049万1123円
▽13年度 331件 1億176万1319円


この記事は参考になりましたか?