北海道労働金庫(本店・札幌市中央区)は、札幌東支店の新築建て替え工事を行っていたが、新店舗がほぼ完成、6月から業務を開始する。これに伴って昨年7月から営業している仮店舗は閉鎖する。IMG_4269(写真は、新築建て替えられた道労金札幌東支店)

 道労金は、札幌市白石区南郷通沿いの札幌東支店(東札幌3条5丁目)の老朽化に伴い、昨年7月から新築建て替え工事を進めていた。仮店舗を、同じ南郷通を東に約800m離れた場所に設置して営業している。
 新築建て替え工事はほぼ終了、6月から建て替えた新店舗で営業を再開する。新店舗の設計施工は戸田建設(本社・東京都中央区)。
 
 道労金は、預金量9275億5800万円で貸出金残高は6625億600万円、預金のうちどれだけ貸出しに回しているかを示す預貸率は71・4%(いずれも2015年3月末の数値)。
 道労金は、1951年5月の設立で今年は創立65年。本店建て替えも検討されており、創立70周年に向けて具体化する可能性が高い。


1人の方が「この記事が参考になった」と言っています。