IMG_0247 東急不動産系のREIT(不動産投資信託)であるアクティビア・プロパティーズ投資法人(東京都渋谷区)は、札幌ススキノの「東急プラザ札幌」(中央区南4西5)を約44億円で昨年12月19日に取得した。合同会社バレッタから信託受益権を取得したもので、還元利回りは6・5%。2013年中では札幌市内で2番目に大きいREIT取得物件と見られる。(写真は、REITが取得した東急プラザ札幌)
 
「東急プラザ札幌」は、札幌東急インと商業ゾーンが複合した地下1階、地上12階の建物。竣工は、1980年で83年に増築し客室数は575室。敷地面積は約4438㎡、延床面積は約2万7277㎡。
 取得額は44億1000万円で、総賃料収入は年間5億7500万円、純収益は年間3億8600万円。還元利回りは6・5%。


この記事は参考になりましたか?