7月から始まった再生可能エネルギーの1㌔㍗当たり42円での固定価格買い取り制度。中でも太陽光発電による売電事業は、土地代がほとんどかからないと仮定した場合、20年間では投資利回りは16%にもなり採算性の高い事業と位置づけられる。北海道は平均日射量が1平方㍍当たり3・77㌔㍗時を超える地域が日高、胆振、オホーツク、根室、釧路、十勝に及びメガソーラーに適した気候条件が揃っている。道内で建設が予定、あるいは始まっているメガソーラー施設をまとめた。
 
 道が8月3日現在でまとめた道内でメガソーラー立地を発表した事業者とその後に明らかになった事業者を加えた一覧は次の通り。
 
 シャープ
 北見市 1・25メガワット
 湧別町 1・25~1・5メガワット
 標津町 8メガワット
 苫東 4メガワット
 
 ソーラーウェイ
 安平町 1・5メガワット
 紋別市 1・25メガワット
 豊頃町 0・59メガワット
 別海町 0・75メガワット
 厚岸町 0・79メガワット

 
 国際航業
 中札内村 2メガワット
 幕別町 1メガワット
 本別町 1メガワット
 釧路市(西港臨海工業団地) 2メガワット 
 釧路市(音別工業団地) 1メガワット
 
 三井物産
 網走市 1・5メガワット
 
 ユーラスエナジー
 白糠町 30メガワット
 
 永光建設
 帯広市 2メガワット
 
 日本再生トラストLLC
 浦河町 1メガワット
 
 土屋ホールディングス
 札幌市 2メガワット
 
 光と風の研究所・JA浜中町共同
 浜中町 1メガワット
 
 北見石油販売
 北見市 1・5メガワット
 
 コープさっぽろ 
 帯広市(南町) 1・2メガワット
 帯広市(川西町) 0・75メガワット
 
 SBエナジー(ソフトバンク)
 苫東 約100メガワット
 
 ソーラーフロンティア
 江別市 1・5メガワット
 
 伊藤組土建
 恵庭市(柏陽町) 1・5メガワット
 恵庭市(北柏木町) 1・5メガワット
 恵庭市(北柏木町) 1・5メガワット
 江別市 1・5メガワット
 北広島市 1・5メガワット
 
 大林組
 伊達市 1・25メガワット
 
 柳月
 音更町 1メガワット
 
 道内は、広大な土地が安価に調達できるほか、全国と比べても平均日射量が多い地域のためメガソーラー施設の建設に適しているとされる。ただ、冬場の降雪対策や送電線へ繋ぐ距離など、投資利回り16%という高い事業性を持つ施設は限られそうだ。道内企業・団体は、今のところ永光建設や土屋ホールディングス、伊藤組土建、コープさっぽろ、柳月など7事業者。


この記事は参考になりましたか?