日本マクドナルドホールディングス(本社・東京都新宿区)は、札幌市西区西町北2丁目に建設中の「マクドナルド西町店」を22日にオープンさせる。旧「西町店」の閉店から3年目、新しく生まれ変わったマクドナルドの店舗がデビューする。IMG_3956(写真は、オープンに向け準備が加速するマクドナルド西町店)

 かつて北5条手稲通沿いにあった旧西町店は、道内最大規模の店舗でドライブスルーも道内で初導入した店舗だった。しかし、老朽化によって2015年5月に閉店。建物が解体され昨年秋口には更地になっていたが、跡地利用ははっきりしなかった。
 今年1月になって、日本マクドナルドHDは新店舗の建設を開始、ようやく「マックの後はマック」であることが明らかになった。

 オープンまで10日を切った13日現在、既に2階建て建物にはロゴマークも取りつけられ、駐車場スペースも舗装が完了している。「マックカフェ バイ バリスタ」やキッズ用プレイランドも併設される。また、かつての「北海道最大のドライブスルー店舗」は新店舗でも踏襲される。
 使用期限切れ鶏肉の使用問題や異物混入など過去最悪決算から3年でV字回復した同社の勢いを象徴する店舗になりそうだ。


18人の方が「この記事が参考になった」と言っています。