札幌発祥のファミリーレストラン「ヴィクトリアステーション」を展開するビッグボーイジャパン(本社・東京都港区)は、5月6日で札幌市南区石山1条7丁目の「ステーキヴィクトリア石山店」を閉店した。20180518_160054(写真は、閉店したステーキヴィクトリア石山)

「ステーキヴィクトリア」は、国道230号線沿いにあり、昨年まで営業していたリサイクルショップ「桃太郎」と隣接して展開していた。ヴィクトリアステーションは札幌発祥のファミレスだったが、M&Aが繰り返されて現在は「すき家」、「なか卯」、「はま寿司」などの飲食チェーンを展開するゼンショーホールディングス(本社・東京都港区)のグループ会社、ビッグボーイジャパンが運営している。

 ヴィクトリアステーションは道内44店舗を展開。閉店した石山店は隣接する旧「桃太郎」店舗とともに商業・飲食ゾーンを形成していたため、跡地開発など後継店舗が注目される。



16人の方が「この記事が参考になった」と言っています。