パチンコホールを経営するガイア(本社・東京都中央区)は、札幌市中央区の「メガガイア狸小路店」を13日に閉店する。狸小路商店街4丁目南にある「アルシュビル」の5フロアを使っており、閉店後の跡利用が注目される。20180509_173026(写真は、13日で閉店する「メガガイア狸小路店」が入るアルシュビル)

「メガガイア狸小路店」は、パチンコ892台、スロット1144台が設置されているパチンコ・スロットの店舗。2004年8月に「ガイア狸小路店」としてオープン、13年12月に「メガガイア狸小路店」に変更した。オープンから14年で閉店することになったが、閉店後の後継利用は既に固まっているとされ、空き店舗にはならない見込み。


20人の方が「この記事が参考になった」と言っています。