札幌の狸小路商店街2丁目南の南3条西2丁目にあるレディースファッション「洋装のさとう」が5月20日(日)で営業を終了する。創業84年の老舗洋装店だったが、売り上げ回復が見込めないため閉店を決めた。IMG_3181(写真は、5月20日で閉店する「洋装のさとう」)

 狸小路商店街では、老舗の閉店が続いている。2014年8月に時計宝石の徳永(南2西5)が109年の歴史に幕を閉じたほか、15年1月に「中川ライター店」(南3西4)が113年で、同年12月には洋服店の「紅屋」(南2西2)が66年、17年12月には名曲喫茶「ウィーン」(南2西7)が58年でそれぞれ閉店した。
 老舗の閉店後には、インバウンド向けのドラッグストアやパチンコ店などが進出しており、時代の変化が商店街の顔を変えつつある。


18人の方が「この記事が参考になった」と言っています。