店舗の改修工事とテナント入れ替え工事のため一時休業している札幌市東区の「蔦屋書店新道駅前店」(北34条東16丁目)にコーヒーの「MORIHICO.」とコンビニエンスストアの「ファミリーマート」がテナント出店する。オープン予定は9月1日。DSCN6647(写真は、改修工事が進んでいる蔦屋書店新道駅前店)

「蔦屋書店新道駅前店」は、地下鉄東豊線新道東駅に直結した新道沿い。北海道TSUTAYA100%出資の札幌ブックセンターが運営しているが、店舗改修とテナント入れ替えのため7月6日から一時閉店している。

 新たなテナントになるのは、「MORIHICO.」と「ファミリーマート」。「MORIHICO.」はアトリエ・モリヒコ(札幌市白石区)が展開しているコーヒー店で現在市内7店舗。いずれの店舗にも個性があって統一感のあるチェーン店とは正反対の出店戦略を取っている。TSUTAYA美しが丘店(清田区)でコラボ出店しており、TSUTAYAとのジョイントは2店舗目になる。
 改修工事は8月末まででリニューアルオープンは9月1日が予定されている。



15人の方が「この記事が参考になった」と言っています。