札幌証券取引所の2017年3月期決算は、収入が1億8000万円と16年3月期比8%伸びたが、退職金など人件費が増えて純利益に当たる剰余金は750万円と68%減少した。IMG_8287(写真は、札幌証券取引所)

 札証は証券会員制法人で、会費収入は1億500万円で前の期より約400万円減少。有価証券上場手数料や上場有価証券年賦課金などの上場賦課金は1800万円でほぼ同じだった。
 支出は、前専務理事の退任による退職金支給など人件費が前の期比で30%増加、退職給与引き立て金も50%増えたため剰余金は前の期の2300万円から750万円に減った。黒字は4年連続。
 札証は1949年12月の設立で2年後に設立70周年を迎える。このため記念事業引当金として100万円を積み立てた。