札幌市中央区南22条西7丁目の「NTT北海道セミナーセンタ」が2018年6月30日で閉所される。建物は老朽化しており解体される可能性が高く、跡地利用が注目される。IMG_3463(写真は、NTT北海道セミナーセンタ)

 同センタの中核施設は1944年に建設され、その後増築などによって研修施設、宿泊棟3棟、レストラン、体育館、講堂なども整備された。NTT職員の専用施設だったが92年から一般にも開放され、研修会、講習会、展示会、進学ゼミ、通信教育スクーリング、合宿などに利用されてきた。

 閉所を決めたのは、建物の老朽化で業務運営を維持することが困難と判断したため。閉所後の建物利用については未定だが、解体される可能性は強い。
 
 NTT東日本は、社宅などを解体後、土地を商業施設などに貸すケースが多くなっている。同センタの敷地面積は約3000坪とみられ、更地にされた場合は大規模な再開発も想定される。都心部からやや離れているものの交通の利便性は良く、住宅街にあるため様々な利活用が期待される。


5人の方が「この記事が参考になった」と言っています。