2017年が明け、松の内も過ぎて本格的に始動した。今年の個人消費はどんな展開を見せるだろうか。小売物販業界の出店は、ホームセンター(HC)が引っ張る形でドラッグストア(DgS)、食品スーパー(SM)が続く。総合スーパー(GMS)やショッピングセンター(SC)といった大規模な店舗の出店計画は今のところない。北海道や札幌市に大規模小売店舗立地法に基づく届け出が必要な店舗面積約303坪(1000㎡)以上の小売物販店舗の新設計画について紹介しよう。IMG_0542(写真は、DCMホーマック永山店の出店予定地)

■ホームセンター(HC)
・3月 「ジョイフルエーケー大麻店」(江別市) 店舗設置者ジョイフルエーケー 敷地面積約2万5000坪 店舗面積合計約6361坪 他にフードコート約174坪 配送センター約2061坪 

・6月 「DCMホーマック東苗穂店」「100満ボルト東苗穂店」(札幌市東区) 店舗設置者三井住友ファイナンス&リース 敷地面積約5893坪 店舗面積合計約3537坪 

 他に大規模小売店舗立地法の届け出を行っているが、新設時期が遅れている物件、遅れそうな物件は次の通り。(カッコ内は大店立地法届け出時の新設予定日)
・「コメリホームセンター栗山店」(夕張郡栗山町) 店舗設置者コメリ 店舗面積約1500坪 (2016年11月26日予定)

・「コメリパワー岩見沢店」(岩見沢市) 店舗接写コメリ 店舗面積約2745坪 (1月20日予定)

・「コメリパワー旭川宮前店」(旭川市) 店舗設置者コメリ 店舗面積約3000坪 (5月1日予定)

 大規模小売店舗法による届け出の前に、地元市町村や商店街、住民の要望を聞くために道が制定している「北海道地域商業の活性化に関する条例」に基づく新設届け出は次の2件。

・10月予定 「DCMホーマック永山2条店」(旭川市) 店舗設置者FBM 敷地面積約7478坪 店舗面積約2200坪

・11月予定 「スーパービバホーム札幌白石店」(札幌市白石区) 店舗設置者 芙蓉総合リース 敷地面積約5843坪、店舗面積約2515坪

■食品スーパー(SM)
・7月5日予定 「マックスバリュセイリョー店」(帯広市) 店舗設置者マックスバリュ北海道 いちまるセイリョー既存店を増床して店舗面積約436坪に

・7月19日予定 「フードD双葉食彩館」(苫小牧市) 店舗設置者豊月 双葉食彩館の建て替えにより店舗面積538坪に

・7月20日予定 「マックスバリュ北40条東1丁目店」(札幌市東区) 店舗設置者マックスバリュ北海道 店舗面積約666坪

■ドラッグストア(DgS)
・2月24日予定 「サツドラ江別錦店」(江別市) 店舗設置者トミーコーポレーション 既存店舗建て替えで店舗面積約380坪に

・9月1日予定 「ツルハドラッグ函館的場店」(函館市) 店舗設置者ヱビス商会 店舗面積約423坪
(※ドラッグストアは、大店立地法の届け出が必要ない店舗面積303坪(1000㎡)以下の出店が多いため、本サイトが把握した都度掲載します)


18人の方が「この記事が参考になった」と言っています。