オカモトホールディングス(本社・帯広市)のグループ会社でガソリンスタンドを運営しているオカモトエナジーマーケティングカンパニー(同・同)は、東洋印刷(同・同)と共同でガソリン価格をリアルタイムで表示する機能を開発、「オカモトセルフ」のホームページで表示を始めた。各スタンドのガソリン価格などが来店しなくてもスマートフォンなどで分かるようになり利便性がより高まる。150614_1712(写真は、オカモトセルフのスタンド)

 オカモトエナジーマーケティングは、北海道、東北、北関東でガソリンスタンドを展開しており年商は約452億円(2015年3月期)。ガソリン価格は、価格変動が激しいが、実際にスタンドに行かなければその日の価格が分からなかった。
 今回、システム開発の東洋印刷と共同で、オカモトエナジーマーケティングのホームページ上でレギュラー、ハイオク、軽油、灯油の価格がリアルタイムで表示できるようにしたもので、お客は地域最安値のスタンドが分かりこれまで以上に安く給油できるようになる。
 
 なお、この機能を付加したホームページを制作したのは、オカモトエナジーマーケティングカンパニーの中国人女性社員と東洋印刷の女性社員。「車に関心の薄い女性層も気軽にアクセスしてもらいたい」という想いでこのシステムを作ったという。サイトは、http://okamoto-self.com/


23人の方が「この記事が参考になった」と言っています。