明和住建(本社・札幌市北区)は、札幌市清田区北野3条1丁目で約5600坪の土地造成を行っており、造成が完了する来年7月に物販用地、宅地用地として売却する。物販は東京の大手リース会社、宅地はセキスイハイムや土屋ホームななどに売却することになりそうだ。DSC_7549(写真は、明和住建が造成工事を始めた札幌市清田区の土地)

 この土地は、北野通り沿いにあるゴルフ練習場跡地。医療機関が一時期土地を所有していたが、明和住建が今年8月に取得した。広さは約5600坪だが、段差がある土地のため造成工事を実施しており、来年7月には造成工事が終了する。
 
 北野通に面した約3300坪は店舗用地として東京の大手リース会社に売却する予定で、そのリース会社は食品系、ドラッグ系、衣料系などの店舗誘致を計画している。
 また、約1500坪は宅地としてセキスイハイムや土屋ホームなど戸建て住宅用に販売する見込み。26区画を予定しており1区画の平均は50坪前後となりそう。
 周辺にはラルズストア北野店、DCMホーマック北野通店、やや離れた北野通沿いにはジョイ東月寒店がある。


11人の方が「この記事が参考になった」と言っています。