鶴雅ホールディングス(本社・釧路市阿寒町)の子会社鶴雅観光開発(同・同)は、2019年4月中旬の開業に向けて「しこつ湖鶴雅別荘 碧(あお)の座」を建設中だ。支笏湖温泉の高級ホテルと位置付け国内外の富裕層の利用を見込む。(写真は、建設が進んでいる「しこつ湖鶴雅別荘 碧(あお)の座」)

 客室数は6タイプ、25室を予定し、1室の面積は約30坪(100㎡)から約81坪(270㎡)とゆったり取って全室に露天風呂と展望風呂を設ける。全客室から支笏が望め、右に恵庭岳、左には樽前山を眺めることができる。宿泊料金は7万円から10万円を予定している。

 敷地面積は約1454坪(約4800㎡)、延べ床面積は約2060坪(約6800㎡)。基本設計・意匠設計は太極舎イエローデータ(東京都渋谷区)で設計、監理は久米設計札幌支社(中央区)、施工は岩田地崎建設(札幌市中央区)。