レッド・プラネット・ジャパン(本社・東京都港区)は、札幌市中央区南6条西5丁目11―2ほかでホテル「レッド・プラネット札幌すすきの中央」の建設を始めている。6月末には「レッド・プラネット札幌豊水すすきの」をオープンさせる予定で札幌2棟目になる。20180529_175101(写真は、「レッド・プラネット札幌すすきの中央」の建設現場)

「レッド・プラネット札幌すすきの中央」は、西行き一方通行の南6条通沿い南向きでファミリーマート南6条店の東隣。敷地面積約204坪(673・89㎡)のうち約155坪(514・76㎡)を利用して地上14階、鉄骨造ホテルを建設中。延床面積は約1858坪(6132・92㎡)、建物の高さは45m。

 建築主はレッド・プラネット・ジャパンで設計、監理はコホーネス一級建築士事務所(大阪市中央区)、施工は東亜建設工業(本社・東京都新宿区)の東日本建築支店(同)。工期は2018年4月から19年4月末。開業は同年7月ころ。

 レッド・プラネット・ジャパンは、札幌市中央区南7条西1丁目で同社が出資する特定目的会社(SPC)が「レッド・プラネット札幌豊水すすきの」(地上8階、123室)を昨年から建設しており、6月に開業する予定になっている。


1人の方が「この記事が参考になった」と言っています。