札幌市南区定山渓の章月グランドホテルの隣接地でホテル建設計画が進んでいる。仮称「Jozankei Ryokan」プロジェクトで着工は4月初旬の予定。20180329_133513(写真は、章月グランドホテル)

 建築主は、Jozankei Enterprises(東京都渋谷区)で代表はウー・クォック・サウ・ビン・アイビー氏。敷地面積約1826坪(6029・06㎡)のうち、約478坪(1579・48㎡)を使って鉄筋コンクリート造の5階建てホテル1棟を計画。延床面積は約1354坪(4469・15㎡)で建物の高さは19・92m。客室数は26室で全室に温泉が付く見込み。

 設計は、北海道日建設計(札幌市中央区)、監理、施工は未定になっている。建築主は、ニセコ地区でホテルを経営している香港資本「スーパー・オクサン」(虻田郡倶知安町)の関係会社。


8人の方が「この記事が参考になった」と言っています。