ホテル経営のハマノホテルズ(本社・札幌市南区)が札幌市南区定山渓857の国道230号線沿いに建設を進めている「奥定山渓温泉 佳松御苑(かしょうぎょえん)」が、6月1日(金)に開業する。開業に先立ち開業記念特別価格の4名1室1人2万4000円(税別)の20%OFFで提供するトライアルモニタープランも実施する。IMG_2079(写真は、オープンに向けて準備が進む「奥定山渓温泉 佳松御苑」)

 ハマノホテルズは、支笏洞爺国立公園内の約3000坪の敷地に広がる庭園と温泉が人気だった「定山渓佳松御苑吉兆」を2010年に取得、10室の高級和風旅館として運営してきた。しかし、施設の老朽化や雪害によって14年3月末で休業。解体新築の時期を窺っていたが、一昨年から旧旅館建物を解体、昨年4月から新築工事を開始していた。

 総投資額は14億5000万円で、建築面積は約411坪(1356㎡)、鉄筋コンクリート造3階建て、延床面積約878坪(2897㎡)の旅館となる。客室数は23室が予定されており、各室に展望露天風呂を設置している。

 通常価格は1泊2食付4名1室で1人2万7000円(税別)だが、6月1日から8月31日までは開業記念特別価格として1人2万4000円になる。さらに5月20日から29日(26日除く)までは開業前トライアルモニタープランとして開業記念価格よりも20%引きで提供する。


5人の方が「この記事が参考になった」と言っています。